ネットビジネス 仮想通貨 仮想通貨取引所

仮想通貨の最新技術ライトニングネットワークとは?

皆さんは仮想通貨の最新技術である「ライトニングネットワーク」についてご存知でしょうか?

まだご存知でないかたのために今回はそんなライトニングネットワークについて紹介させていただこうと思います。

もう知っているよ!という方もおさらいの意味で最後まで読んでくださいね。

 

この記事を参考に最新技術である「ライトニングネットワーク」を導入している仮想通貨の魅力というのを是非知って頂けたらと思います

 

ライトニングネットワークとは?

では早速「ライトニングネットワーク」について紹介させていただこうと思います。

ライトニングネットワークというのは2018年に新たに導入された「取引処理能力」を向上させる技術のことです。

 

ライトニングネットワークの魅力

ライトニングネットワークが実装されることによって「取引処理能力」を大幅に向上させる事が可能となっており、現在使用されている「ブロックチェーン」を使用することがなく取引を行う事が可能になるというのがあります。

また現在の取引データにかかる処理時間の10分の1まで処理能力が高くなるという事が最大の魅力です。またこれによって「取引手数料」の節約もできます。ビットコインは取引手数料が約2000円程かかってしまうということもあり、実用的には使用することが難しいのです。

ですが、ライトニングネットワークを導入することによって10円以下に取引手数料を抑える事が可能になり、実質的に手数料が無料になるということができるのです。

更にそれだけではなく「少額の送金が可能」になります。

現在はビットコインなどの仮想通貨は1回の取引に対しての手数料が高いため、少額の送金をする際にはビットコインを使わない事が多いです。

この「手数料」を抑える事で、少額な送金なども可能にすることができるようになったのです。

 

ライトニングネットワークを導入する仮想通貨について

ではライトニングネットワークを導入する仮想通貨について紹介させていただこうと思いますが、仮想通貨の中でもライトニングネットワークを導入する予定とされているのが現在のところは※「ビットコイン」「ライトコイン」となっています。

ライトニングネットワークを導入するためには「※Segwit」を導入しなければいけません。

この「Segwit」を導入しているのが「ビットコイン」と「ライトコイン」です。

またライトコインに関しては2017年の9月にライトニングネットワークのテストを行い、実際に成功しているのです。

 

そのため、ライトコインでは「ライトニングネットワーク」がいつ導入されてもおかしくありません。

このようにライトニングネットワークというのは仮想通貨を実用的に利用するためには必要不可欠な技術とされているので、将来性の高い仮想通貨には注目度が非常に高いです。

ライニングネットワークが導入されることで仮想通貨市場が大いに盛り上がることでしょう。

 

※ビットコイン・ライトコイン

ライトコイン(LTC)は、金に対する銀のように、ビットコイン(BTC)のサブアセットとして使われることを想定して2011年10月に開発されました。メジャーな仮想通貨の中ではビットコイン(BTC)の次に歴史が古いコインと言われています。

発行総量はビットコイン(BTC)の4倍で、8400万LTCとされています。ビットコイン(BTC)のブロック生成時間は10分に調整されているのに対し、ライトコイン(LTC)のブロック生成時間は2.5分に調整されています。したがって、ライトコイン(LTC)の取引はビットコイン(BTC)よりも4倍早く承認され、迅速な取引を行うことが可能になっています。このようにビットコイン(BTC)が承認を10分以上待たなくてはならないという部分を補っていることが、ライトコイン(LTC)が銀と呼ばれる所以となっています。

 

日本ではまだまだ知名度が高くないライトコイン(LTC)ですが、海外では比較的人気があるコインです。アメリカのとある有名取引所では4銘柄しかない取扱通貨の中の一つにライトコイン(LTC)が食い込むなど、一定の需要があります。

 

※Segwitとは、Segregated Witnessの略で、ブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法のことです。

取引データが圧縮されることで、1ブロックあたりに記録される取引データの量が増加し、速やかな取引処理が実現します。

通常、取引データ(トランザクション)の中にはそのデータに加えて署名(scriptSig)が含まれます。

また、ビットコインの場合、1ブロックに含めることができる取引データの容量は1MBです。

Segwitが実装されることで、従来取引データ内に含まれていた署名を、別の領域である「Witness」に分離させることが可能になります。

その結果、1ブロックにより多くの取引データを含めることができるようになります。

その容量は、実質的におよそ1.7MBまで増加すると言われています。

 

【Segwit実装の理由】

・スケーラビリティ問題を解決する

・マリアビリティ問題を解決する

 

【Segwit実装のメリット】

①手数料の減少

取引データのサイズが圧縮されることで、その処理が滞りなく円滑に進みます。

したがって、手数料が高い取引データから順に処理されることは少なくなり、手数料も減少します。

②価格が上昇する

「スケーラビリティ問題が存在するからビットコインは期待できない」と専門家が言うほど、これは解決しなければならない重要な問題となっています。

Segwitによって、スケーラビリティ問題の解決が達成され、仮想通貨への期待が高まると、価格も上昇する可能性があります。

 

最後に・・・

今回ご紹介した仮想通貨の最新技術「ライトニングネットワーク」の魅力知っていただけたと思います。

 

また今ライトニングネットワークを導入する仮想通貨は更に需要が高くなり、価格も上昇する可能性が高く投資家の間でも注目されています。

今後の「ライトニングネットワーク」の動きから目が離せません。

みなさんも是非、参考にしてみてください。

トドロキ
Author: トドロキ

ブログを見ていただき、本当にありがとうございます。 このブログでは「経験がなくても配当で稼げる」や「スマホだけで稼げる・怪しい副業などの詐欺を見抜く方法や騙されない方法」について情報を発信していきます。 私自身が今まで経験してきた怪しい商材や稼げないのに稼げるといっている副業全般に関する知識を存分に公開していきます。

-ネットビジネス, 仮想通貨, 仮想通貨取引所

Copyright© ネットビジネスまとめブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.