株式会社エーワンの新倉利幸ってどんな人物?生い立ちや人物像などを調べてみました!

人物紹介

エーワンの新倉利幸ってどんな人物?生い立ちや人物像などを調べてみました!

皆さんは新倉利幸氏についてご存じでしょうか。

新倉利幸氏は株式会社エーワンを創業し、現在代表取締役を務めている人物です。

現在はプレイヤーを離れ、経営に専念しているようですが、プレイヤー時代はかなり精力的に活動していた熱血的な人物です。

本記事では、そんな新倉利幸氏についてを情報を紹介していきますので、

「新倉利幸さんについてを知りたい!」
「新倉利幸さんが創業した株式会社エーワンってどんな会社?」
「新倉利幸さんの生い立ちや人柄を教えて欲しい」

といった疑問をお持ちの方はぜひ最後までご覧ください。

エーワン 新倉利幸氏の基本情報

新倉利幸氏の基本情報

新倉利幸氏の基本的な情報は以下の通りです。

名前新倉 利幸
ふりがなにいくら としゆき
生年月日1970年12月21日
出身地埼玉県浦和市(現さいたま市)
居住地さいたま市(旧浦和市)
身長/体重170/63
血液型O型
最終学歴城西大学
所属株式会社エーワン 代表取締役
人物像熱血漢、リーダー気質、人を喜ばせるのが好き、少しせっかち
株式会社エーワンhttps://a-one.tokyo/
Facebookhttps://www.facebook.com/toshiyuki.niikura/

生い立ち

エーワンの新倉利幸氏は、新倉家の長男として埼玉県浦和市(現さいたま市)で誕生しました。

幼少の頃から明るいキャラクターだった新倉利幸氏は、友達や周りの人を楽しませ、笑顔にすることが好きであり、いつも話題の中心人物でした。

実際、授業中先生に答えを求められ指名されると、周囲の同級生はどんな面白い答えをしてくれるのか期待して、歓声が上がるほどいつも注目の的だったと語っています。

そのような性格から、新倉利幸氏は高校生の時に「将来は人の役に立つ存在になろう」「役に立つ仕事をする」と決心し、現在の活動に至っています。

人物像

新倉利幸氏の趣味は以下のものがあります。

  • 自分が成長できる読書。
    愛読書:中村天風著「運命を拓く」、稲盛和夫著「生き方」
  • 独りでギターや沖縄三線を弾いて心を癒すこと。
  • 大自然、大宇宙に触れ合うこと(沖縄の海、特に慶良間諸島の海に惚れている)。
  • ツーリング&ドライブ。
  • DJなど多才なピストン西沢さんのトークを聞くこと。

また趣味以外にも、般若心経や延命十句観音経やマントラを唱える習慣や、気功の鍛錬なども常日頃行っています。

こうして趣味や習慣をリストアップしてみると、新倉利幸氏はかなり多趣味・多芸なことが分かりますね。

そんな多趣味な新倉利幸氏は、子供の時から他人を楽しませることが好きであり、人との付き合いをするは自分の心が癒される環境や人を大切にするなど、笑顔とゆとりを大切にしているそうです。

また、苦労を物ともせず、信じた道をまっすぐに突き進むことが出来る、実行型で弱音を吐かない熱い性格の持ち主でもあります。

実際、粘り強さと困難に立ち向かう積極的なところも自分の持ち味だと語っています

ただ、こうした何事にも全力かつプロ意識で取り組む姿勢は、仕事はもちろん、私生活でも発揮していることもあって、新倉利幸氏は自分にも他人にも厳しいタイプでもあります。

その結果、回りくどい説明を省いたり、聞くのが少しせっかちだったり、正義感が強い部分があったりといった短所にも繋がっています。

実際、よかれと思った行動で逆に相手を傷つけることもあったそうです。

そのため新倉利幸氏は、傷つける気はなくても傷つけてしまうことがあることを忘れず、弱いモノの味方になるくらい優しさと思いやりを大切にしていると語っています。

その結果、持ち前のリーダーシップと相まって、新倉利幸氏の周囲には人や笑顔が集まっていき、周囲の協力のもと株式会社エーワンの創業へと繋がっていきました。

経歴・実績

エーワンの新倉利幸氏は、城西大学在学中に故石井紘基衆議院議員の秘書を務めていました

卒業後も政治活動に携わっていたようですが、政治活動の場は自分の居場所ではないと感じ、また経営に携わる仕事をしたいという想いが日々強くなっていきました。

そして、1993年(平成5年)についに経営に携わる仕事をすることを決心し、化粧品の実演販売会社に転職、その1年後(1994年)には転職先の子会社を立上げ、実質の経営者となりました。

その後、新倉利幸氏は特に問題なく経営を続け、独立し、1998年(平成10年)現在の株式会社エーワンの前身となる「エーワン」を創業しています

この創業には、創業パートナーの死が大きなきっかけだったと新倉利幸氏は語っています。そして、新倉利幸氏はパートナーの意志を継ぐという強い想いのもと有限会社エーワンを設立しました。

創業したてのエーワンはマンションの1室4畳半が事務所であり、当時は従業員もいない、零細企業起業でした。

そのため、新倉利幸氏自らが先頭にプレイヤーとして現場に立ち、大手国内メーカー化粧品を実演販売をしていました。

そして、自分が現場に出て働きながらも、取引先への挨拶回りや交流を積み重ねていくことで日用品雑貨メーカー等の取引先を徐々に増やしていき、売上を伸ばしていくことでアルバイトや社員の雇用や、経営の基盤を作ってきたそうです。

そんな現場でバリバリ働いていた新倉利幸氏ですが、現在は社員数も増え、年も取ったのでプレイヤーを離れ、経営に専念しています。

ただ、プレイヤー時代は全国を飛び回って様々な土地で宿泊し、地元の名物を堪能し、それこそ国内はガイド出来るくらい詳しくなるまで観光地や温泉なども視察した生活は、今に比べると大変でせわしなかったけど輝いており、懐かしくも感じると語っています。

エーワン新倉利幸氏の活動

新倉利幸氏の活動

新倉利幸氏は、個人としては毎朝5時30分に起床し、脳科学をベースとした「脳磨き朝活」というコミュニティに参加・運営に携わっています。

また、日中は株式会社エーワンの代表責任者としての職務を全うしています。

株式会社エーワンとは

株式会社エーワンとは

新倉利幸氏が代表取締役を務めている株式会社エーワンは、主に以下のような事業を手がけています。

  1. 化粧品・日用品メーカーの販売請負(セールスプロモーション)
  2. インバウンド対策として通訳スタッフの派遣
  3. MTG社が製造したReFaブランドをフィットネスクラブやショッピングセンターにおいての催事販売
  4. 姿勢をサポートするStyleショップの運営
  5. 日本化粧品協会認定講師の派遣

事業内容紹介

この項目では、株式会社エーワンの事業内容についてを簡潔に解説いたします。

①化粧品・日用品メーカーの販売請負(セールスプロモーション)

この事業では、化粧品・日用品メーカーが製造した商品を効率よく販売する提案や企画の打ち出しを行っています

また、株式会社エーワン所属の販売員・実演販売スタッフを各店舗に配属させ、セールスプロモーション活動も行っています.

②インバウンド対策として通訳スタッフの派遣

主に中国をはじめとした海外のお客様向けに、通訳と接客販売が出来るスタッフの派遣を行っています。

③MTG社が製造したReFaブランドをフィットネスクラブやショッピングセンターにおいての催事販売

フィットネスクラブ・スポーツクラブ・ショッピングセンターなどにおいて、MTG社のReFaブランドや化粧品といった美容と健康商品のイベント販売を行っています。

④姿勢をサポートするStyleショップの運営

MTG社が展開している「姿勢をサポートするStyleショップ」の委託運営を行っています。

⑤日本化粧品協会認定講師の派遣

日本化粧品検定協会の講師資格を取得しているスタッフを中心に、美容教育や営業販売の育成プログラムの提案といった教育請負業務を行っています。

新しく始めるサービスの概要・コンセプト

株式会社エーワンは、昨年からブライダル業界向けの美容器販売部門を展開し、サービス開始の準備を進めています

コロナ禍においてブライダル市場が冷え切っている現在、このチャンスをどう掴み、どのように展開していけるのかを楽しみにしていると新倉利幸氏は語っています。

また、株式会社エーワンは海外からの旅行客向けに行っていた通訳派遣サービスの復活や、その他のサービスも模索中です。

現在の株式会社エーワンのメイン事業である対面接客業において、接客の研修やリーダー育成には、新倉利幸氏が今まで培ってきた販売技術と得意とする行動心理学、そして現在も学び続けている脳科学を導入しています

こうした知識・技術を社内だけでなく、社外の研修に役に立てる講師・コーチング事業も新倉利幸氏は考えています

それに伴い、事業以外の個人的なこととして、3年前から始めている脳科学をベースとした「脳磨き」という朝活に、新倉利幸氏は参加と運営のお手伝いをしています。

今年中には、世界初の非認知能力を鍛える「脳科学検定」の資格を取り、世の中に広め、役に立てる活動に参画していきたいとも語っています。

新倉利幸氏が株式会社エーワンを始めた理由

新倉利幸氏が事業や会社に関心を持ったのは、中学3年生の時です。この時の同級生が「会社の役員や社長になるんだ」という志を持っていたのが大きな理由とのことです。

そんな彼の影響もあって、新倉利幸氏は高校3年の頃に、「自分で何か仕事を創る、また就職したとしたらトップを目指す」と決めました。

また、自分の存在は「人の役にたつ人間になる」という人生の命題も決めたのも当時です。

こうした目標を実現し、大学卒業後には何か事業を始めるため、新倉利幸氏は経営に関するノウハウを学ぼうと、「城西大学 経済学部経営学科」に進みました。

しかし、実際に入学してみると大学はその様な経営が出来るスキルを学ぶ学問ではなかったのです。

そのため、新倉利幸氏は大学に在籍しながらも外部の経営・政治塾の様なコミュニティに入りました。

この時の経験は、学生でありながら経営者や政治家の方と接することが出来ました。また、このコミュニティの付き合いから、新倉利幸氏は大学4年時にある衆議院議員の秘書になる等の経験も積めたため、得難いものだったと語っています。

こうした大学時代、及び秘書として働いていた時期は難しくもやりがいはあったが、それと同時に自身が目指すのは政治の世界ではなく、経営や起業をして稼ぐ事がしたいのだと再確認することになります。

その結果、新倉利幸氏は当時お金がなかったこともあって、友達がやっていた化粧品の実演販売のアルバイト、当時日給で13,000円という魅力に惹かれて、秘書を辞めてアルバイトとして働き始めました。

政治の世界は大変とは聞きますが、一般人の観点からするとなかなか信じられない転職履歴ですね。

最初はただのアルバイトのつもりで入社した新倉利幸氏ですが、実際に働いてみるととても面白くハマったそうです。

そして、夢中になって働き続けているといつの間にか半年が経っており、その熱心さが買われて、社長から新会社を作りたいという希望もあって、新規事業立上げメンバーの一員にならないかと誘われ、正式に社員として雇用されることになりました。

それから約3年間は経営者としての勉強をしながら、順調に実践を重ねていった新倉利幸氏ですが、従業員に対して想いやりがない当時の社長についていけなくなり、ついに退職を決意。

ただ、この事業・業界自体は自分にとっての天職だと思っていたため、事業・業界を辞める気はなく、出来るなら独立したいと考えていました。

しかし、独立するには資金が全くなかったため、先ずは当時の松下電工(現パナソニック電工)の販売代理店に就職し、資金集めを始めることにました。

そして、独立のタイミングを考えていたところ、当時学生アルバイトであった前職の仲間から、自分の事業を立ち上げて、一緒にやらないかと誘いがあり、これ幸いにと一緒に事業を立ち上げ、今の事業の基を築きました

その仲間は悲しいことに立ち上げから3年後に不慮の事故で他界してしまいましたが、その遺志を継いだ新倉利幸氏は独立を成功させました。

こうしてきっかけを与えてくれた仲間に対して、新倉利幸氏は「他界した仲間が声をかけてくれなかったら、今の私はいなかったと想います。感謝しきれません」と感謝の念を述べていま

エーワン新倉利幸氏の魅力

新倉利幸氏の魅力

新倉利幸氏は、高校3年生の時に決心した「自分は人の役に立つ人間になる」という志を実現するため活動している人物です。

その一環として、普段から様々なジャンルを学び、実践することを大切にしています

具体的には、経営や人生哲学から、占い的要素がある吉相・家相・開運ごと、神社仏閣のご利益、気功術、古代東洋西洋文化・思想、心理学や脳科学など、取り入れることで幸せで豊かな人生にしていく方法や役に経つ要素を沢山知っています。

こうした知識を、新倉利幸氏が行う事業・コミュニティや新倉利幸氏本人と接することで提供しています。

これは、多くの人の困った事や悩み事を解決へと導き、豊かで幸せになったと思えるよう手助け出来るような存在(人の役にたつ人間になりたい)になりたいからです。

そのためにも、新倉利幸氏は現在関係する人々を通して更に多くの人へ知識等を伝えることで、より多くの方々が豊かで幸せになれるキッカケ創りをしていきたいと語っています。

こうした点から、新倉利幸氏は昔からの想いである「自分は人の役に立つ人間になる」を叶えるために行動を続け、株式会社エーワンを創業した成功者であることが分かりました。

そんな新倉利幸氏は、これだけ会社を大きくしても今なお夢に向かって邁進し続けています。

妥協することなくこれだけの努力が出来るのは、本人が言うように実行型で弱音を吐かない熱い性格の持ち主だからでしょう。

そんな、熱血的であり優しい人である新倉利幸氏は尊敬に値する人物だと思います。

ビジネスを始めたきっかけ・理由

新倉利幸氏は、高校生の頃から「将来は人の役に立つ存在になろう」「役に立つ仕事をする」という想いを抱いていました。

城西大学在学中は、経営・政治塾の様なコミュニティの伝手から、故石井紘基衆議院議員の秘書として働くも、政治の場では自分の目的をかなえることは出来ないと考え、化粧品の実演販売を主体とした事業にアルバイトとして働くことにした。

そして、このアルバイトが運命の出会いだったようです。

このアルバイトとの出会いのきっかけ、元々友人がこのアルバイトをしており、その高い日給に引かれたのが最初のきっかけでした。

そのため、最初は特に思い入れがあったわけではないです。

しかし、実際に働いてみると、実演販売の仕事は、ある意味化粧品メーカーの代表としてお客様と接し、実演を通して購入していただきます。そして、「使ってみて良かったわ」といった使ってみた感想等のリアルなお声を頂けるという大変やりがいのある仕事でした。

それが化粧品の実演販売の大きな存在意義であり、自身の目的である「役に立つ仕事をする」であると痛感し、ハマったことがこのビジネスを始めた2つ目のきっかけです。

そして、ビジネスを始めた理由は、当時学生アルバイトであった前職の仲間の存在です。

この仲間が、自分の事業を立ち上げて、一緒にやらないかと新倉利幸氏を誘い、この誘いによって今の事業の基が築かれました。

しかし、その仲間は3年後に不慮の事故で他界してしまったそうです。

大切な仲間を失った新倉利幸氏は当然のことながら悲しみに暮れましたが、仲間の遺志を継ぐためにも立ち上げ・独立を進めていき、現在の株式会社エーワンを作り上げました

これらから、ビジネスを始めるきっかけは偶然出合ったアルバイトからですが、このビジネスを始め、そして続けている理由は、今は亡き仲間の遺志を継ぐ強い想いだということが分かりました。

エーワン 新倉利幸氏についてのまとめ

新倉利幸氏についてのまとめ

今回、エーワンの新倉利幸氏についてを調べ、解説を行いました。

本記事の内容を簡潔にまとめると以下のようになります。

  • 新倉利幸氏は人の役に立つことを大切にしている
  • 自分にも他人にも厳しいタイプ
  • 弱いモノの味方になるくらい優しさと思いやりを大切にしている
  • 新倉利幸氏は多趣味であり、様々なジャンルを学び・実践するなど活動的な人物
  • 亡き仲間の思いを受け継ぎ、株式会社エーワンの基となる事業を立ち上げた

今回調べてみて、新倉利幸氏は現役から退いてなおも精力的に活動を行っている人物であることを知ることが出来ました。

また、少しでも人の役に立つために、少年期から現在まで一貫して行動し続けている新倉利幸氏は、とても真面目で熱い人物だとも感じられました。

実際、亡き仲間のために会社を創業し、現在まで維持するどころか成長させ続けている手腕や想いの強さは、非常に素晴らしいものだと言って過言はないでしょう。

こうした点から、新倉利幸氏は一本筋の通った人生を歩く人物であり、その姿は見ているだけでかっこよく、思わず見習いたくなる素晴らしい人物であることが分かりました

トドロキ
Author: トドロキ

ブログを見ていただき、本当にありがとうございます。 このブログでは「経験がなくても配当で稼げる」や「スマホだけで稼げる・怪しい副業などの詐欺を見抜く方法や騙されない方法」について情報を発信していきます。 私自身が今まで経験してきた怪しい商材や稼げないのに稼げるといっている副業全般に関する知識を存分に公開していきます。

-人物紹介
-, ,

Copyright© ネットビジネスまとめブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.