キャッシュレス ネットビジネス 仮想通貨 仮想通貨取引所

2020に向けて!日本のキャッシュレス化と仮想通貨の関係

 

日本で進むキャッシュレス化

新年の日, 花火, 大晦日, シルベスター, 今年の変わり目, イブ, ミッドナイト, 2020

ここ数年の中で〇〇〇ペイ(LINEペイ、ペイペイなど)が日本に浸透してきています。

ですが、先進国と比較すると日本は大きな遅れをとっています。

東京2020に向けて国策とも言えるキャッシュレス化を推し進める日本ですが、まだまだ海外のキャッシュレス先進国からは大きく遅れを取っていて、2020年までに行うのは不可能なのではないか?という声が大きいのも現状です。

そこで今回はそれぞれの国のキャッシュレス化と、合わせて仮想通貨の事情もお話していきたいと思います。

まずはキャッシュレス化のメリットとデメリットからお話していきたいと思います。

 

キャッシュレス化のメリット

時は金なり, コイン, 通貨, ユーロ, 現金及び現金同等物, リザーブ, 金融, メリット, お金, 埋蔵量

✔現金管理が不要に

キャッシュレス化によって現金を持ち歩いたり、支払いのために現金を準備したりする必要がなくなるため、お金の管理が容易になります。また、支払い履歴についても容易に把握することができるため、会計処理や家計簿の記帳が容易になります。しかし、複数のキャッシュレスサービスを使用している場合には、会計処理も複雑になる可能性があるため注意が必要です。

✔犯罪防止に役立つ

現金を持ち歩かないことにより、直接的な犯罪の被害を受けにくいというメリットがあります。もちろん、ハッキングなどによるリスクはありますが、各社セキュリティには力を入れており、相対的にリスクは低いと言えるでしょう。一方で、サービス利用側のセキュリティ意識も重要です。大量の現金を財布に入れておかないことで直接的な犯罪被害のリスクを抑えるのと同じように、キャッシュレスサービスの利用側もしっかりとしたパスワードを設定するなど、しっかりとした対応をしておかねばなりません。

 

 

キャッシュレス化のデメリット

犬, 悲しい, 待っています, 床, 悲しい犬, ペット, 子犬, 動物, かわいい, 孤独です, 悲しみ

✔現金が必要な際に使用できない

キャッシュレス化のデメリットとして挙げられるのは、現金が必要になった際に使用できない点です。災害時や何かしらのトラブル時には、電子機器が使用できず、現金決済のみになる場合もあります。また、普及していない地域ではどうしても現金が必要になります。完全なキャッシュレス化にはまだまだハードルがあるでしょう。

今後、オフラインで使用できるスマホ決済や電子決済が登場するかもしれませんが、現在では、万が一に備えてキャッシュレス決済を使用するのと平行して、現金を別に用意しておくといった対応が必要になります。

✔店ごとに決済サービスが異なる

現在でもそうですが、お店ごとによって決済の仕方が異なります。

あるお店では現金決済のみであったり、またある店では、スマホ決済でもインストールしている決済サービスが利用できなかったりと決済方法はまちまちです。

これは、決済業者や決済手法が多様化していることが要因として挙げられています。今後日本ではキャッシュレス化が進むと考えられますが、スマホ決済の中でも決済業者が多様化する可能性があり、より決済サービスが複雑化するとも考えられます。

 

日本のキャッシュレス化

日本ではコンビニでのコード決済が注目され、すべてのコンビニで利用が可能となったPayPayとLINE Payのほかにも、コンビニが独自のコード決済サービスの導入を本格化させ、ファミリーマートやローソンがすでにスタートしています。みなさんも一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

セブンイレブンは立ち上がりで大きくつまずいてしまいましたが、ともかくサービス自体は始まりました。

東京2020を控えた2018年に、経済産業省が「25年までにキャッシュレス決済率を40%にする」という目標を掲げた「キャッシュレス・ビジョン」を公表しました。

キャッシュレス化はいわば日本の課題ともとなっています。

 

すでに交通系のカードによる決済は浸透している日本ですが、中国、北欧などの先進国からは大きく遅れをとっています。

 

理由としては

交通系カードは使い方がシンプルであること。

そして私たちの日常に寄り添っている。という点があります。

 

今やスマホでかざすば改札を通れる時代になりましたが、その前はどうでしょう?

ほとんどの人が交通系カードを利用していませんでしたか?

①カードを買う

②チャージをする

たったこれだけで即時に使うことができる交通系カードは面倒な現金の管理もいらず、そしてカード自体も安価で、すぐに世の中へ浸透していきました。

 

キャッシュレスの代表であるクレジットカード。

これは会社よりますが、審査が必要になり、カードはしばらく経ってからでないと手に入りません。

 

LINEペイ、各社コンビニのコード払いはどうでしょう?

そもそもLINEを利用していない、スマホを利用していない人には論外な話です。

最初の手続きが面倒、設定がわからないなど、スタートでとまどってしまう人も多いようです。

仮想通貨も同じでまだまだ日本では馴染みがない存在でしょう。

これが簡単に、そして実用的に。

日常で使うことができるようになればまた仮想通貨への見方は変わるはずです。

 

 

中国のキャッシュレス×仮想通貨事情

都市ストリート, トラフィック, 都市, 市, 混雑, アジア, 中国, タイ, 観光

現在、人口2000万人を超える中国の首都「北京」では、スマートフォンで決済できない場所はほとんどありません。

レストラン、スーパーなどの正規店にとどまらず、道ばたで雑貨や青果などを扱う露天商を含め、ほぼすべての店舗がQRコード決済に対応しています

 

また、スマートフォンのサービスを使えば、銀行口座が不要で1円単位で個人間で送金が可能なため、財布を持たずに外出することが一般的となっています。

もちろんATMでの出金手数料も支払う必要がありません。

 

一方で出前やタクシーの配車、無人コンビニなど、スマホ決済を使った新しいビジネスが続々と誕生してきています。

 

中国では、2017年にICOが全面禁止され、仮想通貨取引所も閉鎖されましたが、OTC(店頭)取引は盛んに行われています。

取引所が閉鎖され、取引所取引ができないなかで、OTC取引への関心は依然として高まっています。

 

 

スウェーデンキャッシュレス化

列車, スウェーデン, ストックホルム, 鉄道, 市, 建物, アーキテクチャ, 歴史的, スウェーデン語

中国と並んでキャッシュレス先進国と言えるのは北欧諸国。

中でもスウェーデンは世界で最もキャッシュレスが進んだ国の1つで、現金がほとんど使えないことを紹介するドキュメンタリーが日本でもいくつか放送され、日本に衝撃が走りました。決済金額ベースではすでに現金比率が1%を切っているという話もあるようです。

 

スウェーデンにはスウェーデンクローネという法定通貨がありますが、あらゆる場所でクレジットカードが使えるので、海外からの旅行者が現金を扱うことはとても稀で、なんと「現金お断り」というサービスやお店も珍しくありません。

もちろん商店や飲食店でのでの支払いや交通系ICカードの購入もクレジットカードが使え、チャージも可能です。

 

北欧に限らず、欧州では独自の仮想通貨を積極的に検討する国が増えています。

スウェーデンでは「eクローナ」、スイスで「eフラン」という通貨に関しての議論が行われ、ノルウェーの中央銀行も調査を開始したといいます。

キャッシュレス先進国の対応はそれぞれ刺激的だが、仮想通貨への対応には各国の事情や見方によって差があります。

 

 

韓国のキャッシュレス化

釜山夜景, ブリッジ, 釜山, 泊, 広安大橋, 海, 高速道路, 韓国, 長時間露出

韓国のキャッシュレス決済比率は世界で最も高く、2016年には96.4%となっています。特にクレジットカードの利用が多く、消費者や店舗にメリットが得られるような制度を政府が整備しました。

 

主な取り組みとしては、クレジットカード利用額の20%所得控除や宝くじの権利を付与、さらに年商240万円以上の店舗でのクレジットカード対応の義務化を行いました。これにより、韓国では、クレジットカード決済が爆発的に増加しました。

 

 

シンガポールのキャッシュレス化

市, シンガポール, マリーナ ベイ サンズ, アーキテクチャ, 建物, 近代的な

シンガポールでは、2025年までに小切手の使用0を目指し、現金の使用機会を減少させる政策を打ち出しています。モバイル個人送金が可能な「ペイナウ」では、24時間個人送金が可能になっています。

シンガポールでも決済業者や決済方法が多様化していることから、政府は、QRコード統一規格「SGQR」を導入しました。現在、シンガポールの5人中4人が電子決済を利用したことがあることから、この規格統一により電子決済の拡大が進むと思われます。

 

 

インドのキャッシュレス化

タージ ・ マハル, インド, 建物, 霧, ミスト, 人, 観光, 寺, ヒンドゥー教, 有名な

インドでは、2016年に高額紙幣の取り扱いを廃止し、キャッシュレス化を推進しています。しかしな現時点では、取引はほぼ現金決済であり、キャッシュレス化への実現はまだ時間がかかりそうです。

インド準備銀行では、そうした状況を打破するため、公共交通機関での日現金決済の導入やBtoCでのモバイル決済の普及などを挙げています。

インドの地方では、ATMがない地域もあるため、このような施策が功を奏した場合、加速的にキャッシュレス化が進む可能性が大いにあります。

 

まとめ

カメ, 海岸, 両生類, 動物, は虫類

いかがでしたか?

日本がどれだけ遅れているかがこの記事でわかると思います。

東京2020に合わせて進行していく日本のキャッシュレス化・・・

ここがうまくいくことができれば、自然とその先にある仮想通貨が盛り上がっていくことでしょう。

そして日常の買い物を仮想通貨で支払う日がいつかくるかもしれません。

今後も注目していきたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トドロキ

ブログを見ていただき、本当にありがとうございます。 このブログでは「経験がなくても配当で稼げる」や「スマホだけで稼げる・怪しい副業などの詐欺を見抜く方法や騙されない方法」について情報を発信していきます。 私自身が今まで経験してきた怪しい商材や稼げないのに稼げるといっている副業全般に関する知識を存分に公開していきます。

-キャッシュレス, ネットビジネス, 仮想通貨, 仮想通貨取引所

Copyright© ネットビジネスまとめブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.