白澤伊幸

レビュー掲示板

白澤伊幸とは一体何者?経歴や事業内容、提唱しているFIREなどについてをご紹介

「FIRE」という言葉が最近流行っていますよね。
早期退職をして、第二の人生を歩むような未来のことを指します。
その「FIRE」という言葉を実現するための教育をしている方が現在ドバイで活動されております。

みなさん白澤伊幸さんをご存知でしょうか。
白澤伊幸さんとは現在3社の会社を経営し、「FIRE」を次世代に教育する活動をしております。

この記事では、「FIRE」教育を行う白澤伊幸さんをご紹介したいきます。

 

白澤伊幸の経歴

白澤伊幸

白澤伊幸さんはこれまでどのような人生を歩んできているのでしょうか。
ここからは白澤伊幸さんの経歴と歩みについて詳しく見ていきましょう。

白澤伊幸のこれまでの歩み

白澤伊幸

白澤伊幸さんは1989年に山口県にて生を受けました。

学生時代は教師を目指していた白澤伊幸さんは日頃から勉強に励み、国内トップクラスとの呼び声高い教育学部でも知られる早稲田大学の教育学部社会科に進学。

入学後も幼い頃からの夢である教師になれるよう努力していたものの、頭の片隅で日本の教育システムに疑問をいだき始めた白澤伊幸さん。

そんな白澤伊幸さんは、早稲田大学在学中に「自分が社会に出てトップ層と関わらないことには子供に社会というものを語ることはできない!」という結論に至ったとのこと。

その考えから白澤伊幸さんは早稲田大学入学当初に目標にしていた教師から起業家や実業家になることに目標を変更。

起業家や実業家を目指すようになった白澤伊幸さんはその後、大学2年生のときにITサービス会社の営業活動で年間の営業売上4000万円という凄まじい営業成績を記録。

この営業成績から仕事が忙しく、大学へはあまり通えていないのではと思われる方も多いかと思います。

しかし、白澤伊幸さんはしっかりと仕事と学業の両立ができていたようです。

その証拠に東証一部の上場企業で最年少記録を作ったリブセンスの村上太一さんを排出した大和証券が主催するイベント「ベンチャー起業家養成基礎講座」などといった起業に関する単位を白澤伊幸さんは在学中に多く取得していたとのこと。

こうして営業マンと大学生の2足のわらじで成功していた白澤伊幸さんは早稲田大学を卒業後、資本金300万円をかけ会社を立ち上げます。

見事目標であった起業家、実業家になれた白澤伊幸さんはそこで満足するだけではありません。

会社を創業した後に初年度から3600万円の売上を達成。

その後は、電子書籍出版やアプリ開発、Webコンサルティング、Webスクールなどといった事業を展開し、3社の経営を行っています。

 

白澤伊幸の現在

白澤伊幸

前項では白澤伊幸さんは大学時代から卒業後について紹介しました。

では現在はどのような生活をしているでしょうか。

調べたところによると、白澤伊幸さんは現在、ドバイ在住とのこと。

ビジネスでは日本とドバイに拠点を構え、デジタルテクノロジーやインターネット関連の事業を展開している3つの企業を経営し、インターネットをビジネスに活用するための活動をしているようです。

また、権利収入構築セミナー講師やコンサルティングなどにも携わっていることがわかりました。

権利収入構築セミナーでは「労働収入からの脱却」「権利収入の獲得」を目標にビジネス経験のない初心者であっても権利収入の獲得を実現させるべく白澤伊幸さんが実践してきたプロセスと知識を効率よく講義にて教えているとのこと。

プライベートでの白澤伊幸さんは1児の父親であり、趣味はゴルフや世界旅行、筋トレ、子供と遊ぶこと、グルメ発掘、野球などを挙げています。

さらには、読書も趣味に挙げており、主にビジネス書を読む白澤伊幸さんは20代までに2000冊以上のビジネス書を読破してきたと語っています。

 

白澤伊幸の書籍・SNSアカウント

白澤伊幸

白澤伊幸さんは現在SNSアカウントを複数開設しています。

TwitterやInstagramではプライベートの写真や食べ物の写真などを投稿しています。

Twitter

Instagram

linkedin

また、白澤伊幸さんは書籍も出版しており、

  • 何故!?平成生まれの私が会社の社長になれたのか

  • すんなりできる仮想通貨

 

など他多数の書籍を現在までに出版してきています。

白澤伊幸が行なっている事業をご紹介

白澤伊幸

白澤伊幸さんは現在

  • 電子書籍出版
  • アプリ開発
  • Webコンサルティング
  • Webスクール
  • ビジネスセミナーの運営

これらの事業を展開しています。

電子書籍出版では、白澤伊幸さんがFIREを実現するためにこれまで培ってきたノウハウや技術を電子書籍で発信中。

アプリ開発では、FIRE達成のための権利収入に関するアプリの開発から電子書籍の発行を行っているようです。

Webコンサルティングでは、リスティング広告やFacebook広告、Twitter広告、サジェスト広告などといったWeb媒体での広告を行い、クライアントの市場を拡大する働きをしているとのこと。

Webスクールでは、オンラインサロンの運営を行い、ビジネス上のコネクションが豊富である白澤伊幸さんが各業界の著名人とのつながりを創出。

そして、起業やビジネスのサポートまでを行います。

ビジネスセミナーの運営では、前述でもしたように、20代でビジネス書を2000冊以上読破した白澤伊幸さんが会社を起業、経営していくために実践してきた経験やアドバイスを伝授するビジネス教室を行っているようです。

 

白澤伊幸が提唱しているFIREとは

白澤伊幸 FIRE

前述してきた内容ではときおりFIREという単語が見られました。

しかしFIREという単語は聞き慣れないという方も中にはいるかと思います。

FIREとは「Financial Independence、Retire Early」の略称で、「経済的自立、早期リタイア」という言葉を表します。

若いうちから投資や資金運用などで稼ぎ、収入源を安定させ、会社に属さなくても暮らしていけるほどの金額を稼ぎ、後は自分の好きなように生活していくというものがFIREです。

白澤伊幸さんは「権利収入の獲得」と「権利収入への転換」によるFIREを提唱しています。

前述でもしたように、白澤伊幸さんは学生時代から営業マンとして大学2年生のときに4000万円の営業成績を記録し、起業家としても会社を創業した初年度で3600万円の売上を達成。

そして3社の経営を行っているため、白澤伊幸さんは現段階でもFIREできるほどの資金は持っているといわれています。

しかし、白澤伊幸さんはFIREすることなく、むしろ権利書収入を獲得しFIREできるようになりたい」「FIREして好きな時間に好きなことをして生活していきたい」とFIREを目指す方に向けたセミナーやコンサルティングを継続して行っています。

その背景には白澤伊幸さんはFIREできる人が1人でも多く出てきてほしいという願いもあるのではないでしょうか。

 

白澤伊幸の今後の展開・ビジョン

白澤伊幸 ビジョン

白澤伊幸さんは今後どのような展開とビジョンを持っているのでしょうか。

白澤伊幸さんは今後の展開、ビジョンについては現在は東京・ドバイに拠点を置き、ビジネスを展開中。

インターネット社会では拠点が日本であろうと海外であろうとネット環境さえあれば拠点がどこであれビジネスを行うことができると考えます。

そして、さまざまなビッグビジネスの起点となるドバイに拠点を置くことは大きな優位性を感じると白澤伊幸さんは語ります。

今後については次世代のデジタル教育事業を軸に置きながら、グループとしてさらなる権利収入を獲得することを見込んでいるとのこと。

 

白澤伊幸のまとめ

白澤伊幸

この記事では

  • 白澤伊幸の経歴
  • 白澤伊幸の現在
  • 白澤伊幸が行なっている事業をご紹介
  • 白澤伊幸が提唱しているFIREとは
  • 白澤伊幸の今後の展開・ビジョン

について紹介しました。

白澤伊幸さんは現在も3社の経営に携わりながらも東京とドバイを拠点にビジネスを展開しています。

そして、白澤伊幸さんが立ち上げた次世代デジタル教育では、FIREできる方々を育成、サポートしています。

また、白澤伊幸さん自身が権利収入構築セミナーを行い、「労働収入からの脱却」「権利収入の獲得」を目標にビジネス経験を問わず、誰でも権利収入の獲得を実現させるために、これまでに実践してきた経験談と知識を交えて講義を行っています。

白澤伊幸さんが提唱している権利収入でFIREを目指したいという方は白澤伊幸さんが出版している書籍を購読することや権利書収入構築セミナーに参加されてはいかがでしょうか。

▷関連記事

白澤伊幸が提唱している権利収入でFIREしよう!

白沢伊幸の歴史!1年で3,000万円を稼いだ若き実業家の姿とは?

トドロキ
Author: トドロキ

ブログを見ていただき、本当にありがとうございます。 このブログでは「経験がなくても配当で稼げる」や「スマホだけで稼げる・怪しい副業などの詐欺を見抜く方法や騙されない方法」について情報を発信していきます。 私自身が今まで経験してきた怪しい商材や稼げないのに稼げるといっている副業全般に関する知識を存分に公開していきます。

-レビュー掲示板
-

Copyright© ネットビジネスまとめブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.