レビュー掲示板

ママのミカタ学校の口コミ評判や費用を調査!本当に稼げるのか?

皆さんは「ママのミカタ学校」という在宅ワーク総合スクールを知っていますか?

ママのミカタ学校は、在宅ワークを手助けするスキルが学べるオンラインスクールです。

その対象は子育てなどで時間が取れない主婦層で、パソコンやスマホで手軽にできる在宅ワークを学ぶことができます。

しかし、ネット上では「ママのミカタ学校 稼げない」「ママのミカタ学校 怪しい」といったネガティブな検索結果を見かけました。

そこでこの記事では、ママのミカタ学校の口コミや評判から本当に稼げているのか?具体的な内容と費用は?などを徹底調査していきます。

在宅ワークに興味のある方は是非最後まで見ていただき、参考にしてください。

ママのミカタ学校とはどういうところ?

ママのミカタ学校とはどういうところ?

ママのミカタ学校とは、在宅ワークを手助けするスキルが学べるオンラインスクールです。

対象となるのは子育てなどで時間が取れない主婦層で、パソコンやスマホで手軽にできる在宅ワークを学ぶことができます。

習えるスキル内容は主に3つ

  • メルカリワーク
  • WEBデザイン
  • セミナー講師

セミナー講師といえば、講演会やセミナーなどで前に立って教えている印象ですが、ここではオンラインを利用したセミナー(主にZOOMを使ってパソコンでセミナー)なので、すべて在宅で行える内容です。

それでは、1つずつ詳しくみていきましょう。

メルカリワーク

在宅メルカリワーク

ママのミカタ学校で学べる、1つ目のスキルとして「メルカリワーク」を利用した方法になります。

言ってしまえばメルカリを利用した物販なのですが、メルカリワークはさらに細かく「不用品販売」と「転売」に別れていました。

不用品販売は成長し着れなくなった子供服・自分が着なくなった洋服やバックやアクセサリー類・読み終わった本や小説・使わなかった頂き物のブランドタオル・使わなかったコスメなど、主婦層ならではの不用品の販売方法を教えてもらえます。

思いもよらないものが意外な金額で売れたりするので、結構有用な内容かもしれません。

転売の方法になると難易度が上がり、海外から安値で仕入れたものをメルカリで転売するという方式を教えてもらえます。

商品の購入は自腹なのでリスクは高いですが、売れる商品リストというものが用意されているらしいので、こちらも期待できるかもしれません。

WEBデザイン

在宅WEBデザイン

こちらは在宅WEBデザイナーに必要なスキルを学ぶことができます。

具体的にはPhotoshop・illustrator・Dreamweaverという3つのソフトを使ってブログ・バナー・サムネイル・ホームページ・Facebookの背景などのデザインを学べます。

一通りの技術が習得できればクラウドワークスココナラなどを利用して案件得ていくことになるようです。

セミナー講師

在宅セミナー講師

最後に紹介するのは、在宅のセミナー講師です。

メルカリと同じくこちらも2つのステップに別れており、「ママのミカタ学校自体を広めるセミナー講師」と「オリジナル商品のセミナー講師」があります。

ママのミカタ学校自体を広めるセミナー講師では、ママのミカタ学校の宣伝と入会案内を任され、入会金の半分が報酬として支払われます。
またセミナー講師を務めるにあたり、説明に使う資料や台本などが用意されており、初めてのセミナーに対してと不安の無いよう配慮されているのが特徴です。

一方でオリジナル商品のセミナー講師の場合、自身の得意な分野のセミナーを開き、料金も自分できめられます。
しかしこちらの場合、説明の資料や台本を自分で用意しなければならず、難易度が高い項目です。

このような違いはありますが、どちらの場合も集客は自身で行わなければいけません。

利用者はSNS、中でもFacebookを利用した集客を行っており、上記したWEBデザインでスキルを学び、こちらのセミナー集客に繋げるといった流れで、進めているようです。

ママのミカタ学校の料金と期間は?

ママのミカタ学校の料金と期間は?

ママのミカタ学校は有料の在宅スキル育成スクールです。

それでは、具体的にどれくらいの期間でいくらくらいの料金がかかるのでしょうか?

入学金は448,000円(税込)

ママのミカタ学校はベーシッククラスと特進クラスの2つのコースが用意されています。

  • ベーシッククラス:448,000円(税込)
  • 特進クラス:748,000円(税込)

特進クラスは講師陣への個別面談が可能なようです。(予約制)

いずれのコースにしても、安い金額ではありません。

期間は半年が目安で延長は別料金で可能

ママのミカタ学校は半年間の長期に及ぶセミナースクールです。

とはいえ、3つの在宅スキルを学ぶには短いと感じる方もいるでしょう。

なので、追加料金が発生しますが期間の延長が可能なようです。

追加料金の正確な記載はありませんでしたが、ネット上では月3万円ほどで延長が可能だと言われています。

ママのミカタ学校の教師は?

ママのミカタ学校の教師は?

ママのミカタ学校ではメルカリワーク・ WEBデザイン ・セミナー講師それぞれの授業に1人ずつ講師がつきます。

メルカリワーク講師 山田みお

在宅メルカリワークの代表講師で1日30分の作業で月20万円の収入を得る方法などを教えています。

授業の最終項目として「3時間で30万の収益も可能なメルカリ講師」を設定しており、受講者が逆に教える側へ回れるようサポートしてくれるようです。

WEBデザイン講師 伊藤えりこ

在宅WEBデザインの代表講師でWEBデザインの基本・応用スキルからクライアント獲得のためのSNS戦略まで教えてもらえます。

こちらも授業の最終項目として「WEBデザインを教えて30万円の感謝の報酬を獲得」を設定しており、受講者が逆に教える側へ回れるようサポートしてくれるようです。

セミナー講師 中西麻由美

在宅セミナーの代表講師で影響力を高めるためのSNS集客媒体構築法から売れる台本の作成&セミナーのやり方を教えてくれます。

こちらは、セミナーに関するスキルの他に「コンサルティング・サポート力の養成」を学ぶことができ、マネージング力を鍛えることができるようです。

これらメイン講師3名他、サポートスタッフも全員現役ママだそうです。

ママのミカタ学校の口コミや評判

ママのミカタ学校の口コミや評判

それでは、ママのミカタ学校の口コミや評判をX(旧Twitter)やSNSを使って調べてみましょう。

残念ながら、現受講者の評判や口コミは発見できませんでしたが、PR TIMESスタートアップという所が調べた限りでは、女性向けスキルアップセミナーで3冠を達成しているようです。

また、メルカリワーク講師の山田みおさんの書き込みも発見しました。

最初に述べたように、ネット検索では怪しい・詐欺という疑念も出ていることから、この書き込みの少なさは怪しく感じてしまいます。

【まとめ】ママのミカタ学校は確実に稼げるわけではない

この記事では、ママのミカタ学校の具体的なサービス内容や評判・口コミについて紹介しました。

SNS上での口コミや評判に加え、ネット上でのネガティブな評価が気になるものの、サービスや講義内容としてはしっかりとした印象を受けます。

しかし、高額な入学金やその後に在宅で稼げるようになるまで自身の努力がものをいう点、半年間という期間が3つの授業項目に対して短すぎると感じたことから、受講には十分な注意と覚悟が必要に感じました。

ママさんという同じ立場で集まれるコミュニティーとしては評価しますが、支出に対して相応のリターンがあるかは十分に考えてから決める必要があるでしょう。

トドロキ
Author: トドロキ

ブログを見ていただき、本当にありがとうございます。 このブログでは「経験がなくても配当で稼げる」や「スマホだけで稼げる・怪しい副業などの詐欺を見抜く方法や騙されない方法」について情報を発信していきます。 私自身が今まで経験してきた怪しい商材や稼げないのに稼げるといっている副業全般に関する知識を存分に公開していきます。

-レビュー掲示板
-, , ,

Copyright© ネットビジネスまとめブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.